弦譜堂の代表・松本祐一(@YuichiMatsumoto)です。

今日から12月です。

早いものでこの弦譜堂ブログも1ヶ月が経ちました。

いつも読んでいただきありがとうございます。

ほぼ毎日更新を続けられたことは自分でも驚きです。

1度だけどうしようもなく眠くて文章をまとめられず、翌日に2本アップにしたことはありましたが…。

これからは少しだけペースを落としつつ、末永く続けていけたらと思っています。

 

仕事環境更新の日。

今日は時間を作って仕事環境のリフレッシュを行いました。

普段は楽譜製作と音作業でマシンを2台に分けているのですが、

音作業用の方のマシンの再インストールをする計画です。

 

Mac OSのアップデート。

音作業用のマシンはMacBookPro(2012年)です。

MacOSは長らく10.9でしたが、10.12にアップすることにしました。

最近購入したソフトやプラグインなど、いろいろと導入するためです。

DAWも長く親しんだProToolsからStudio Oneへ乗り換えてみます。

ディスクからのインストールがめんどくさすぎでびっくり

作業中にちょっと驚いた自分の感覚がありました。

ソフトのいくつかはその時の最新のインストーラーをダウンロードしてくる今時の形です。

しかし多くは従来どおりCD・DVDからインストールします。

今までは当たり前の感覚だったのですが、今日はこのCDからのインストールという作業がとても煩わしく感じました。

「えーっ、こんなことしなきゃいけないの!?」というのが正直な感覚でした。

 

CD・DVDが入っているケースを出してくる。

取り出して読み込ませる。

回転し始めるのを待つ

読み込みの間の回転音がヴォォォォォとやけに耳障り

インストール終了

ディスクの取り出し

ケースにしまう

保管場所に戻す

 

これら一連の動きはインストール作業に当然のものであったはずですが、びっくりするほど面倒で辛さすら覚えました。

そんなふうに感じている自分にまたびっくりしましたね。自分はこんなにダメになってしまったのか?と。

 

ちゃんと受けていたダウンロード販売の恩恵。

ソフトウェア関係はダウンロード販売が主流となって結構な時間が経ちます。

最初こそ楽すぎて味気ないくらいだと思っていたのですが、しっかり楽な方に慣らされていましたね。

人間は便利な方向に流されていくと言いますが、自分も例外ではなかったと思い知らされました。

しかしこのおかげで新しいことに取り組むエネルギーや時間の捻出にはなっていると思います。

時代の流れには乗りつつ、いい仕事を続けていけるようにしようと思えた日でした。

 

 

今回のブログはここまでです。

次回もお楽しみに。

楽譜製作のご依頼は弦譜堂へ!

楽譜が見つからない曲の楽譜を、あなたのためだけにお作りいたします。

創業12年、初心者からベテランまでリピーター様多数!

弾いてみたかった曲ありませんか?

お問い合わせをお待ちしております。

 

 

ギター・ベースが専門ですが、バンドスコア・コード譜も作成可能です。

YouTubeやお手持ちの音源をお送り頂けましたら無料にてお見積もりいたします。

ソロギター・クラシックギター系を得意としますが、
ハードロックなどエレキの激歪み系にも同じクォリティを出せます。

一般的にはコピー困難な技巧派プレイヤーの演奏の解析をたくさんお受けしてまいりましたが、シンプルな楽曲にも全力でご対応いたします!!

弦譜堂なら、動画や音源から「この曲、弾いてみたい!」と思ったあなたの想いを形にするお手伝いができます。

 

LINE@もやってます!

LINE@からのお見積もり・お問い合わせもお待ちしております。
上記のQRコードの他、ID「@genpudou」でも検索できます。

友だち追加

 

 

Written by genpudou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です