弦譜堂の代表・松本祐一(@YuichiMatsumoto)です。

前回の記事では、古楽器ヴィオラ・ダ・ガンバを始めた話を書かせて頂きました。

あっ、別にギターやめてません。

両方を並行してやっていくんです。

 

ヴィオラ・ダ・ガンバを習い始めて7ヶ月。

今現在、特に苦労している部分は以下の3つです。

 

  • ビブラートがかけられない。
  • 左手のポジションが意外と覚えにくい。
  • 楽譜が読めない。

 

まあ、慣れと練習なんだと思いますけど、ギターでなら出来るだけにもどかしいですね。

ちなみに弓を持つ右手の方が不慣れなはずですが、案外大丈夫です。まだ気にするレベルに達していないだけかもしれませんが。

 

 

ビブラートがかけられない。

ヴィオラ・ダ・ガンバでのビブラートは弦と並行にかけます。

クラシックギターと同じですね。

しかしこれがなぜか難しい!!

ビブラートは全くかからずに楽器が持ち上がりそうになってしまうばかりなんです。

レッスンで教わってはいるんですがなぜか家に帰るとできなくなっている、他の楽器でもよくある話だとは思いますが…

美しいビブラートを持つ演奏者はとても魅力的なので、頑張って身につけたいと思います。

 

※追記※

これは左手で弦を押さえる力が強すぎる可能性が高いです。

弦振動が左手に伝わってきますが、この振動が止まってしまうほどの強さで押さえるのはNGであるようです。

左手でも振動を感じながらそっと揺らすときれいにビブラートがかかるようになってきました。

 

左手のポジションが意外と覚えにくい。

ヴィオラ・ダ・ガンバのチューニングは

[6弦] D G C E A D [1弦]

となっています。

ほぼ4度チューニングですね。

3度のインターバルがギターでは2弦と3弦の間に来ますが、ガンバの場合は3弦と4弦の間です。

 

これはギターやベースを弾いてきた身にとっては把握しやすくて、

  • 1~3弦はギターの4~6弦と同じ
  • 4~6弦は6弦ベースの1~3弦と同じ

私はこのことにすぐ気がつきましたので、慣れるのも早いだろうとたかをくくっていました。

ベースも6弦ベース派ですから問題ないはず、と。

 

 

しかし問題は位置関係。

4~6弦にあった音程が1~3弦の位置に来て

別の楽器で1~3弦の位置にあった音程が4~6弦に来る。

これはかなり頭に混乱をきたしました。

 

 

楽譜が読めない。

「あなた楽譜屋でしょ?」というお叱りの声が聞こえてきそうですが、ちょっと待ってください。

ヴィオラ・ダ・ガンバの楽譜はかなりの曲者です(失礼)。

 

ギター譜ならト音記号で、ほとんどの場合それが曲の最初から終わりまでずっと続きます。

ベース譜ならヘ音記号ですが、同様に曲の途中で音部記号が変わる例はまれです。

 

ヴィオラ・ダ・ガンバの楽譜では、

  1. ト音記号
  2. ヘ音記号
  3. ハ音記号

 

のすべてが出てくる上に、小節の途中で音部記号の変更があります。しかもしょっちゅうです。

1音出してまた変更、なども珍しくありません。

 

「うっそだ~」とか思いました?

なら見てみますか?

こういうのです!!

 

 

さらにハ音記号は基準位置の変更もあります。

 

これとポジション把握の問題が相まって、なかなかスムースに楽譜を読んでいくことがまだできません。

対応できるようになるには少なくとも数年を要しそうな気がします。

 

A=415Hzでチューニングする。440Hzではない。

難関は3つのはずでしたが、もう一つ忘れていました。

基準ピッチはA=415Hzが一般的で、A=440Hzに慣れた耳にはかなり違和感があります。

実際には読んだ音よりも半音下げよりちょっと高い音が出ているからです。

「A=415Hzでの絶対音感」が必要なようですね。

 

 

今回のブログはここまでです。

難しいですがそれ以上に魅力的なこのヴィオラ・ダ・ガンバという楽器です。

必ずものにしたいと思います。

何年か後にこの記事を読み返した時にいい思い出となっていますように。

それでは次回の記事もお楽しみに。

 

楽譜製作のご依頼は弦譜堂へ!

楽譜が見つからない曲の楽譜を、あなたのためだけにお作りいたします。

創業11年、初心者からベテランまでリピーター様多数!

弾いてみたかった曲ありませんか?

お問い合わせをお待ちしております。

 

 

ギター・ベースが専門ですが、バンドスコア・コード譜も作成可能です。

YouTubeやお手持ちの音源をお送り頂けましたら無料にてお見積もりいたします。

ソロギター・クラシックギター系を得意としますが、
ハードロックなどエレキの激歪み系にも同じクォリティを出せます。

一般的にはコピー困難な技巧派プレイヤーの演奏の解析をたくさんお受けしてまいりましたが、シンプルな楽曲にも全力でご対応いたします!!

弦譜堂なら、動画や音源から「この曲、弾いてみたい!」と思ったあなたの想いを形にするお手伝いができます。

 

LINE@もやってます!

LINE@からのお見積もり・お問い合わせもお待ちしております。
上記のQRコードの他、ID「@genpudou」でも検索できます。

友だち追加

 

 

Written by genpudou

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です