弦譜堂の代表・松本祐一(@YuichiMatsumoto)です。

今日はレッスンをお願いしている音楽教室のヴィオラ・ダ・ガンバ科の演奏会に行ってきました。

生徒さんたちによる発表会です。

 

すごいスタジオ・・・・と思ったらなんと個人宅。

場所は都内にある古楽演奏のために作られたスタジオ。

ここがすごい場所だったんです。

温度・湿度が一定に保たれていることはもちろん、

部屋の音響面も細かくチューニングされているであろうことがうかがえました。

チェンバロとピアノ(NYスタインウェイ)まで備え付けてあります。

驚くべきことにこれが個人のお宅なんですねー。なので写真はありません、ご勘弁ください。

 

プロの演奏家を招いての発表会。

演奏会はプロのチェンバロ奏者の方をお招きして先生も伴奏で参加されるというもの。

その中で生徒さんが順番で出演されます。

図解にするとこんな感じです。

教室にはチェンバロ科の生徒さんもおられますが、彼らではなくプロに依頼しているあたりが本気を感じさせます。

「プロの伴奏で演奏することに意味がある」と先生。

本当にその通りだと思いました。

 

次回は自分も出たい。

私も出ないかというお話を頂いていたのですが、楽器を持っていなかったので辞退した経緯があります。

何せ自分の楽器を手にしてからまだ2週間経っていないもので、少々無理があります(笑)

来年は出るつもりで練習します。

できればその前にも人前で演奏できる機会が欲しいなと思ってるのですが、何らかの形で実現したいです。

 

※追記

1年後、このスタジオでの演奏会に出演させて頂けました。

こちらの記事をご覧ください。

ギター弾きがヴィオラ・ダ・ガンバを初めて1年。良かったことを書いてみる。

 

今回のブログはここまでです。

次回もお楽しみに。

 

楽譜製作のご依頼は弦譜堂へ!

楽譜が見つからない曲の楽譜を、あなたのためだけにお作りいたします。

創業12年、初心者からベテランまでリピーター様多数!

弾いてみたかった曲ありませんか?

お問い合わせをお待ちしております。

 

 

ギター・ベースが専門ですが、バンドスコア・コード譜も作成可能です。

YouTubeやお手持ちの音源をお送り頂けましたら無料にてお見積もりいたします。

ソロギター・クラシックギター系を得意としますが、
ハードロックなどエレキの激歪み系にも同じクォリティを出せます。

一般的にはコピー困難な技巧派プレイヤーの演奏の解析をたくさんお受けしてまいりましたが、シンプルな楽曲にも全力でご対応いたします!!

弦譜堂なら、動画や音源から「この曲、弾いてみたい!」と思ったあなたの想いを形にするお手伝いができます。

 

LINE@もやってます!

LINE@からのお見積もり・お問い合わせもお待ちしております。
上記のQRコードの他、ID「@genpudou」でも検索できます。

友だち追加

 

 

Written by genpudou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です