弦譜堂の代表・松本祐一(@YuichiMatsumoto)です。
 

今日はお昼に関内でヴィオラ・ダ・ガンバのレッスンでお世話になっている先生の演奏会があり、お邪魔してきました。

1時間くらいのランチライブで、チェンバロとのデュオでした。

 

 

上の画像は開演直前の写真です。少しでも雰囲気が伝わればと思います。

後ろでは演奏家ご本人がチェンバロをチューニングしています。

手前が先生の7弦ヴィオラ・ダ・ガンバです。

古楽のコンサートはみんなそうですが、PA等は一切なしの完全生音です。

 

演目は古典の曲です。1曲が長いので4曲くらいで1時間くらいになります。

演奏を聴きながら、私は自分が何のためにヴィオラ・ダ・ガンバを弾くのかをはっきりと言葉にできました。

それは自分の中の音楽とかギターはこうである、みたいな固定観念を解きほぐすため

 

ガンバのレッスンや練習でうまく行った後はギターにもいい影響が数日間続くんです。

手は無理やり押さえずに楽器が鳴りたい方向についていくだけ、ということがよく分かります。

 

ギターの場合はギターを弾くためにギターをやってた感覚が強かったです。

しかしガンバをやりたくてガンバを弾くのではなくて、

ガンバを通して自分の中にある音楽やイメージを具現化させていくこと。

それがはっきりしたライブでした。

 

 

今回のブログはここまでです。

次回もお楽しみに。

 

楽譜製作のご依頼は弦譜堂へ!

楽譜が見つからない曲の楽譜を、あなたのためだけにお作りいたします。

創業12年、初心者からベテランまでリピーター様多数!

弾いてみたかった曲ありませんか?

お問い合わせをお待ちしております。

 

 

ギター・ベースが専門ですが、バンドスコア・コード譜も作成可能です。

YouTubeやお手持ちの音源をお送り頂けましたら無料にてお見積もりいたします。

ソロギター・クラシックギター系を得意としますが、
ハードロックなどエレキの激歪み系にも同じクォリティを出せます。

一般的にはコピー困難な技巧派プレイヤーの演奏の解析をたくさんお受けしてまいりましたが、シンプルな楽曲にも全力でご対応いたします!!

弦譜堂なら、動画や音源から「この曲、弾いてみたい!」と思ったあなたの想いを形にするお手伝いができます。

 

LINE@もやってます!

LINE@からのお見積もり・お問い合わせもお待ちしております。
上記のQRコードの他、ID「@genpudou」でも検索できます。

友だち追加

 

 

Written by genpudou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です